復旧談合?「原材料費が高騰し、高値で落札したかった」

はいコテヤンです。

震災復旧談合で刑事告発道路舗装10社と11人独禁法違反容疑

東日本大震災で被災した高速道路の復旧工事をめぐる談合事件で、公正取引委員会(公取委)は二十九日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、道路舗装大手のNIPPO(東京)、前田道路(同)、日本道路(同)の三社を含む舗装会社十社と、その担当者十一人を、検事総長に刑事告発した。
告発を受け、東京地検特捜部は、各社の担当者を在宅起訴し、法人としても起訴するとみられる。
談合の疑いがあるのは、東日本高速道路(NEXCO東日本)東北支社が二〇一一年八~九月に実施した東北、常磐、磐越自動車道など九路線十二件の復旧舗装工事の入札。NIPPO、日本道路、前田道路の三社の担当者が中心となって受注を調整し、事前に落札業者を決めたとされる。
違反を最初に自主申告したとみられる世紀東急工業(東京)とその担当者は、告発...

ご支援くださる方はクリック→