消費税「お前はもう死んでいる!(国民に向かって)」

はいコテヤンです。

この界隈でよく話題になる消費税なのですが、内閣府の経済シミュレーションモデルと2000年初頭まで使っていたDEMIOSという宍戸駿太郎先生が関わったモデルで比べていきたいと思います。

まずは以下をご覧ください。


これは内閣府のモデルとその他民間モデルやDEMIOSという2000年まで政府で使われていたモデルで、消費税を1%増税した時にどれくらいGDPに対してマイナスか?という試算です。

もういっちょ。5%上げた場合。


比べていただくと理解できると思いますが、内閣府のモデルだけが「やたらと被害が軽微」という結果を示し、その他モデルは「いやいや…そんなことあれへんて!」となっています。

実際の歴史を追ってみますと、日本の平均所得は1997年をピークにずっと右肩下がりですし、安倍政権に限っていっても実質賃金はマイナス6%弱になって...

ご支援くださる方はクリック→