保育バウチャー

今日はこんなコラムです。

保育バウチャーって何?

池田信夫氏のコラムです。

要約すると、
・保育園が足りないのは、株式会社が認可保育所運営に進出できず、施設を社会主義的に割り当てているため
・保育園も幼稚園も自由につくらせ、一定の基準を満たす施設に子供を預ける親には保育バウチャー(クーポン)を出せばよい
ということです。

保育バウチャー(教育バウチャー)をウィキペディアから引っ張ってみました。

教育バウチャーとは、とは、私立学校の学費など、学校教育に使用目的を限定した「クーポン」を子供や保護者に直接支給することで、子供が私立学校に通う家庭の学費負担を軽減するとともに、学校選択の幅を広げることで、学校間の競争により学校教育の質全体を引き上げようという私学補助金政策である。

コラムには「バウチャーはうまくいって当たり前」のように書いてありますが、私には...

ご支援くださる方はクリック→