少子化で人手不足

今日はこんな記事です。

人手不足は少子化が原因である。(皆川芳輝ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト)

内容を要約すると、
・「不本意」な非正規雇用者(正規雇用者になりたいがなれなくて非正規)は少ない
・人口および雇用が増えているのは、65歳以上の高齢者と45~54歳のバブルの前後世代
・15~44歳の人口は減っているが、雇用については一部を除いて微増微減
・25~44歳男性は人口減のため雇用者数も減少
ということです。

興味深かったのは二点。

一つは、非正規雇用者の割合は増加しているのですが、大多数は必ずしも正規雇用を希望しているわけではない、という点。かつては働いていなかった高齢者や女性が「家計の足しに」ということで少し働くようになった人の数が増えている、ということのようです。

不本意な労働を強いられている、という人が増えているような報道を...

ご支援くださる方はクリック→