経済とは人の営みによるものだという事実

はい、コテヤンです。
今日は動画用の原稿も兼ねて記事を書いていきたいと思います。

この記事の主題を一言で言うと、経済を考えるにあたって必要な認識、概念はなにか?ということにつきます。
よく言われるのが「経済とはお金の流れ方である」という話ですが、これは一見正しく思えるのですがこれだけでは「新自由主義」や「主流派経済学」のような枝葉の議論に陥る危険性があると思うのです。
それにこの定義の仕方はなんというか…「歴史は英雄が作るもの」というような「表面的な概念」しか表していない気がするのですね。

もう一つ言えばよく「経済は生き物」と言われますが、お金の流れだけで考えるならばもう少し無機質なものだと思うのです。
なぜ経済が生き物と言われるか?その所以は人間の行動や心理が影響を与えるからだと思うのです。

つまり経済とは「人の暮らしや営みの集合体」を言い表している言葉であって...

ご支援くださる方はクリック→