東日本大震災から5年、日本の国土条件を振り返る

はいコテヤンです。
本日は東日本大震災からちょうど5年。あの大きな大きな震災で亡くなられた方たちに哀悼の意を捧げます。

さて、我々が住んでいる日本という国の国土条件は時に震災や台風等々の災害が襲う国です。
豊かな四季と海に恵まれた反面、古来から天災は度々起こり日本人は天災とのつきあい方を考えながら歴史を刻んできたのだと思います。

例えばヨーロッパでは石造の住宅が昔は一般的で発達してきましたが、日本では木造建築が発達してきました。
その理由は?と問われるとやはり天災による被害からの素早い復旧、復興が必要だからという理由なのではないでしょうか?

また石造建築は頑丈だが大きな地震に対して脆いようです。
日本の木造の五重塔だとかには免震構造が施してあるようで、竹のようにしなやかに作られているそうです。
こういったところからも古来から日本人は、地震と向かいながら暮らしてき...

ご支援くださる方はクリック→