異次元の金融緩和とマイナス金利導入と〇〇〇

黒田日銀による異次元の金融緩和から3年が経過しようとしています。賛否はともあれ、目標であったインフレ率は上昇せず、そして先月から日銀当座預金の一部についてマイナス金利(※よくある誤解1)が導入されました。

※よくある誤解1
全ての預金金利がマイナスとなるわけではなく、今後増える金融機関の日銀当座預金の一定基準を超える部分にのみ適用されます。http://www.boj.or.jp/mopo/mpmdeci/state_2016/index.htm/

黒田日銀が打ち出した異次元の金融緩和の主なメカニズム及び目的は簡単にまとめると次のとおり。

<金融機関から国債等の大規模購入(量的緩和)により、日銀当座預金量を大きく増加させ(マネタリーベース年間約80兆円の拡大)、期待インフレ率を高めることにより、実際のインフレ率(日銀目標指標は「生鮮食品を除く消費者物価指数」すなわちコア...

ご支援くださる方はクリック→