政府は動き始めたけれど・・・

今日はこんな記事です。

待機児童ゼロ、首相は決意表明したけれど乏しい即効策

「保育園落ちた日本死ね!」、とうとう政府を動かしました。すごいですねえ。

首相は11日の参院本会議で、共産党の吉良佳子氏の質問に答え、「待機児童ゼロを必ず実現させる決意だ」と強調。「今春に取りまとめる1億総活躍プランで実効性のある待遇の改善策を示し、人材を確保する」と述べて保育士の待遇改善に具体的に取り組む考えを示した。自民党の稲田朋美政調会長も11日、「待機児童問題等緊急対策チーム」の立ち上げを発表した。

が、記事には「即効性のある具体策は乏しい」とあります。

当たり前です。待機児童がある場所は東京周辺に集中しており、ローカルな問題です。また、保育所をつくるのは国の仕事ではありません。

保育士の待遇が悪いことが原因ではありますが、保育士の待遇は自治体の裁量で改善できるはずです。...

ご支援くださる方はクリック→