ナショナリズムとは何か?構造と歴史を考証してみる

はいコテヤンです。毎度毎度この書き出しってのも芸がないなぁ…と最近思っていますw

本日はナショナリズムというものを構造的かつ歴史的に考証し、紐解いていきたいと思います。
そしてひも解き終わった時に「世界市民」などというものは成り立ち得ない、またグローバリズムも無理筋だという結論に行き着こうかと思いまう。

言葉を定義するところから始めます。
ネーション(国家とか国民と訳されますね。この場合国民)にイズムをつけた言葉がナショナリズムだそうです。
ナショナリズムを和訳すると国民主義と訳するのが恐らく正しいのでしょう。

それでは次にナショナリズムという概念が出来上がったのはいつなのでしょうか?
諸説あるようですが18世紀という説が有力なように思えます。
それまでの世界は基本的に「くに」はあっても「国」はなく、つまり民も「民衆」であって「国民」ではなかったようです。
日...

ご支援くださる方はクリック→