スティグリッツ教授とは 格差拡大は反対、マイナス金利に警鐘 – 東京新聞


スティグリッツ教授とは 格差拡大は反対、マイナス金利に警鐘 >>記事全文
東京新聞
立命館大の松尾匡(ただす)教授は「ブッシュ政権時代から(小さな政府を目指す)新自由主義政策に反対してきた米国左派系」と評する。 精力的に研究しているテーマは「格差の拡大」だ。十六日の分析会合でも「格差は経済成長にマイナス効果を及ぼす。平等性を促進する税制 ...

ご支援くださる方はクリック→