③「バブル崩壊」はいまだ継続中

③「バブル崩壊」はいまだ継続中

日本のバブルを総括する上で、第一に重要なことは、「日本のバブルは政府の思惑によって起こった」ものであり、民間の経済活動に責めを負わせることはお門違いだということです。国民経済は基本部分においては政府にコントロールされているのであり、民間の経済活動の行き過ぎだけで、東京都の地価でアメリカ全土の土地が買えるといった、あのような巨大なバブルなど起こせるはずがありません。民間の投資家の思惑で起こるバブルなどはたかがが知れています。金融機関も怖いのであって、自らの思惑だけで野放図に融資を続けたりはしません。政府と日銀の後押しがあったから、金融機関は安心して融資を拡大していたのです。資産価値は常に金融と関連しています。ゆえに、日本の地価バブルの発生に関しては政府の政策が責められるべきであり、民間の経済活動が責められるようなことがあっては本末転倒と言うべきです。政府...

ご支援くださる方はクリック→