幼稚園は余っている

今日はこんな記事です。

待機児童地獄・東京、幼稚園の年間費用50万で山口の6倍…1施設園児数は島根の7倍

保育園は毎年増設されており、定員は毎年数万人ずつ増えています。しかし、潜在待機児童が多いため、待機児童数は毎年2万人くらいで大きな変化がありません。出生数が減っているにもかかわらず、保育園のニーズは増えています。

一方で、幼稚園はゆるやかに減っています(データはこちら)。基本的に、幼稚園は短時間しか子供を預からないので、共働き夫婦のニーズに合わないのだろうと思います。

今日ご紹介する記事は、「平成27年(2015年)度私立幼稚園経営実態調査報告」をもとに、幼稚園の現状分析をしています。

記事も長いので、いくつか興味深い点を拾ってみます。

・定員充足率は74.7%
・<充足率の高い都道府県>滋賀県:92.8%東京都:87.5%神奈川県:85.3%b...

ご支援くださる方はクリック→