TPPは世界デフレを加速化させる


下記のような記事がニューズウィークから出ておりました。
TPPは上位1%のためにある

(一部抜粋)
TPPによって、大企業はさらに手厚い知的所有権の保護を受けるることができるし、企業活動の障壁となるような法制度があれば、それが医療や安全、環境に関わることであっても、異議を申し立てることができる(ISD条項)。だが大多数のアメリカ人にとってここから得るものはほとんどない。
(抜粋終了)

いまやアメリカのニューズウィークですらこの手の論調になっているようで、当然といえば当然なわけです。
ところが日本の新聞は?というと相変わらず「TPPはいいものだ!」なんて論調でして、本気で脳みそが足りてないと思うわけです。

さて今日はTPPや自由貿易が「デフレを互いに輸出しあうもの」、つまり「貧困への競争」と必ずなるという話を書きたいと思います。
TPPや自由貿易というのは基...

ご支援くださる方はクリック→