マイナス金利を活用し輸送艦の増強を

現在、日銀のマイナス金利政策の影響と民間の資金需要の低迷で日本国債の金利が史上最低水準を更新し続けています。今、日本政府は最も安い金利で資金を調達できるのです。


京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡氏が、これを生かして建設国債などを大量発行して基金を創設し、新幹線、リニア、高速道路の建設などの長い期間を要する公共投資の財源を調達することを提案していますが、私も大賛成です。


また、有事の際の自衛隊の輸送能力強化にもこの方法を活用してほしいと思います。防衛省は現在、船会社と契約を交わすなど、海上自衛隊の輸送艦の不足を民間船舶の活用で補い、島嶼防衛や大規模災害への対応能力強化を図る計画を進めています。緊急対策として民間船舶を活用するのはやむを得ないと思いますが、性能の優れた正規の輸送艦を建造したほうが輸送能力はより高まります。政府は大型輸送艦や強襲揚陸艦、高速輸送艦の増強...

ご支援くださる方はクリック→