料理と政治と経済の話(1)

今日は料理の小話や伝統技法って政治や経済の話に「案外結びつく」ので、なんとまぁ3つ混ぜこぜで語っちまおうっていう無茶な企画です(笑)
さらに思想や伝統、文化にまで話を広げちまおうってんですから書く前から「あ~これ無茶ちゃうかな?」と思っておりますけど皆様どうぞお付き合いを。



さて和食といえば「出汁が基本」と言われますし、椀物なくして和食は語るべからずなんてくらいです。
そして出汁の取り方というのは実は「伝統的な技法がかなり科学的にも理にかなっている」と証明されてたりします。
これは日本の先人たちが試行錯誤を重ねてたどり着いたいわば集大成なわけでして、これを外して「僕の考えた最強の出汁のとり方」なんてものは介在する余地すらなかったりします。
(まぁそれを科学的に分析して実験して、昆布出汁に関して新しいスタンダードを作った京都菊の井の村田吉弘さんは凄すぎるんですけど)
...

ご支援くださる方はクリック→

「料理と政治と経済の話(1)」のコメント一覧

  1. 1
    noranekoma のらねこま  :

    結局のところ、日本料理でもフランス料理でもエスニックでも、人々が食べて満足できるなら誰も文句は言わないわけですよね。ところが食べると大多数の人が下痢して痩せこけ、一部の人だけはまるまる太ったりする「おかしな料理」なので、みんな怒るわけです。

    新自由主義は見た目に美味しそうで、しかも新聞マスコミの広告写真(見本)が実に素晴らしかったですから多くの人が騙されました。ところが、実際には体に悪いので、みんな食あたりを起こし、それが世界的にバレてきて、大騒ぎになってる感じでしょうか。「だれだ、この経済システムを作ったやつは」。

  2. 2
    noranekoma のらねこま  :

    そうそう、今度、「移民とTPPのパスタ」とか「トリクルダウン・カクテル」とか作ってください。料理のジャンルは新自由主義料理ということで。レシピもよろしく(冗談です)。

  3. 3
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    結局大多数の人間が「美味しいと思えるかどうか?」なんですよね。
    国によって塩加減すら違ってきますからねぇ。実際に日本人は本場の中国料理より日本向けに作られた、日本の中華料理のほうが美味しいと感じるようでw

    トリクルダウンでおもしろ画像がありました。これがトリクルダウンシャンパンタワーですw
    http://www.fastpic.jp/images.php?file=9421658467.png

  4. 4
    noranekoma のらねこま  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん
    この画像は面白ですw。しかも徐々に一番上のグラスがデカくなってるし。