大川小学校の教訓

東日本大震災の津波で多数の児童が亡くなった宮城県石巻市の大川小学校が震災遺構として保存されることが決まったそうです。辛い記憶を思い出すとして解体を望む声もあったようですが、そうした思いにも最大限配慮しながら、二度と同じ悲劇を繰り返さないように後世に教訓を伝える遺構として最大限活用してほしいと思います。


この悲劇から得られる教訓とは何か、そして今後それを生かしてどのような災害対策を行うべきかを考えてみたので、書いていきたいと思います。


調査によると当時、裏山に避難することも検討されていたようですが、斜面が急で低学年の児童や高齢者が上るのが難しいことや余震による崖崩れの危険もあるなど教員の間で意見が別れ結論が出ないうちに、学校に隣接する北上川を遡上してきた津波に襲われたそうです。


これを教訓として、学校と保育所や介護施設、公営住宅などの他の公共施設を統合するなどし...

ご支援くださる方はクリック→