待機児童緊急対策

今日は昨日に続き厚労省の動きです。

まずはニュース記事から。

<待機児童>50人以上の114市区町村で実施へ緊急対策

厚労省が発表した資料はこちら。

先週は、与党が保育士給与を4%上げることを提言したという記事をご紹介しましたが(こちら)、厚労省の緊急対策からは抜けています。

察するに、財源を確保できなかったんでしょうね。

保育のプロの採点は40点だそうです。

政府の待機児童緊急対策は、合格点だったのか

「全体的にみると、やはり保育士給与改善に触れていない、つまり問題の本質から逃げていることについては、失望を禁じえません。」

しかし、現実を考えると、「日本死ね!」からまだ1ヶ月しか経っていません。こんな短時間で千億円単位のお金を動かすことができるとも思いません。フットワークからいけば、国に迅速な措置を期待するよりも、自治体のほうが早い...

ご支援くださる方はクリック→