戦後の終わりの始まり

アメリカ大統領選で優位に立っている、かのトランプ氏のインタビューが発表され話題になっています。読売新聞にその概要が纏められていましたので、その内容を基に考えてみたいと思います。

「我々はもう他国から巻き上げられることはしない。米国第一だ。」

「在日米軍の駐留」

日本が負担を大幅に増やさなければ撤退させるつもりだ。

「日米安全保障条約」

不公平な取り決めだ。米国が攻撃されても彼らは何もする必要がないのに、彼らが攻撃されたら我々は全力で駆けつけなければならない。

「日韓の核兵器保有」

米国がこのまま衰退すれば彼らはいずれ持ちたいと考えるだろう。日本が北朝鮮の核の脅威に直面するなら核の保有は米国にとっても悪いことではない。

「中国の南シナ海進出」

南シナ海への進出で米国に敬意を払っておらず貿易をテコに外交交渉をしたい。

これらの発言を見て、まず思う事はアメリカ国民の多くが(トランプ氏は多くのアメリカ国民に支持されている事から考えて)、現在の世界の警察官として振る舞っている(かなり自分勝手な方法で)自国の負担があまりにも重いと考えていると言う事です。もっと多くの負担を各国、とりわけ日本、韓国などには担わせたいと考えているのでしょう。それだけアメリカという国が衰退しつつあると言えると思います。

日本の戦後という時代が、自国の防衛をアメリカと言う国にその多くを委ねている期間だとするならば、このトランプ氏の発言こそが、その時代の終わりの始まりになる可能性を秘めていると言えます。

日本人は安保改正による集団的自衛権容認によって、アメリカの先兵として遠く中東まで行く事態になりはしないかと不安に苛まれています。それを理由に安保反対を叫ぶ人も少なくない訳ですが、このトランプ氏の発言はそういった日本人の独りよがりな不安を根底から吹き飛ばした訳です。つまり日本人の意志など関係なく、もっとアメリカに協力しろ、さもないと日本からアメリカ軍を撤退させると、つまり日本の防衛を自分達でやることになるが、その覚悟はあるか?(ある訳ないだろう)という事なのです。

我々日本が、このままアメリカ軍頼みでの自国防衛を考えるならば、多くのアメリカ人が納得する負担を負う必要があるのです。(その中にはアメリカと共に中東での活動も要求されるかも知れません)日本の評論家の中には日本は在日米軍の為に約6000億円もの負担をしているのだから、アメリカでもっと騒いでもらい、アメリカの人々にその事実を知ってもらえばよい。と言う人もいます。それだけの負担を日本が負っていると知れば納得するだろうという訳です。私はその意見には懐疑的です。彼らは傭兵ではありません。どれほど巨額であろうと血を金で買う事は、その血を流す側のアメリカ国民にとってはとても容認することは出来ないでしょう。

http://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/us_keihi/keihi.html

では、アメリカ頼みの防衛から脱却し、自主防衛を目指すとすればどうでしょうか。・・・と言う議論すら考えてみるとマヌケな話ではあります。世界ではそもそもが「当たり前」の話であって、何甘えてんだ。と言う事です。

集団的自衛権を容認すれば、アメリカの要求によって中東まで行く事態になりかねない?何言っているんでしょうか、自国の防衛をアメリカ頼みで考えている限り、いくら日本がイヤだと言ってもアメリカが必要を感じればどんな手を使っても連れて行かれるのです。どう考えても断れる訳がないでしょう。今まではたまたまアメリカの力が強く、日本を引っ張り出す必要をあくまでも「アメリカ」が感じなかっただけなのです。

どちらに転んでも、まさしく進むも地獄、戻るも地獄の状況です。・・・という考えも日本人だけが感じるものです。そもそも世界では自分の国は自分で守るのが「当たり前」、他国との協力も持ちつ持たれつが「当たり前」、そろそろ日本人はアメリカ相手の甘えは許されないと言う事を知るべきでしょう。相手の「血」に答えるには自らの「血」しかありえないのです。「お金」では解決出来ない問題が現実にはあるのです。

そして、アメリカは中国とはやりあう気はない。あのトランプ氏ですら。と言う現実すら垣間見えます。

私はつくづく戦前の日本人に思いを馳せるのです。あの帝国主義の時代においてアジアの数少ない独立国として自国のかじ取りを行った先人達。強い者が勝ち、白人たちのご都合主義的価値観によって世界が動いていた時代です。これから我々日本人は、今まで卑下していた戦前の日本人の決断や行動を、現実の世界の厳しさと共に、その彼らの思いを嫌と言うほど考えさせられる事態に直面するでしょう。


このユーザーがいいねしています

  • noranekoma