トランプの日米安保と核武装論【産経新聞】

保守よりとされる産経新聞で以下の様な記事が出ておりました。

トランプ氏「日韓は核を独自保有したら」「在日米軍撤退を」止まらぬトンデモ安保論

(一部引用)
米国は第二次大戦への参戦によって、それまでの孤立主義を放棄し、国際協調主義に転換。世界の「超大国」として、義務と責任を果たすという道を突き進んだ。オバマ政権は、「世界の警察官」という役割を放棄し、米国の指導力は相対的に低下した。しかし、国際協調主義は維持し、地球規模の課題などでは指導力を発揮している。
(引用終了)

トランプ氏の主張はこのような感じです。
・日米安保は片務的でアメリカは巨額の負担がかかっている
・費用を負担するかそれとも在日米軍撤退か
・日韓ともに核保有したければすればよい

これに対して産経新聞はどう見たって「撤退されては困る!在日米軍がいなくなったら困る!オバマはそんなこと言ってないじゃ...

ご支援くださる方はクリック→