経済成長に背を向けるのは貧困化への第一歩

『アベノミクスへの対抗軸を示す注目の学者・井手英策の思想』(山田厚史デモクラシータイムス同人・元朝日新聞編集委員3/30ダイヤモンドオンライン)http://diamond.jp/articles/-/123002?page=2「森友学園の騒動に隠れているが、野党第一党の民進党に新たな変化が起きている。民進党の新たな動きに重要な役割を演じているのが、若手財政学者・井手英策慶大教授だ。アベノミクスへの対抗軸を鮮明にしようという動きだ。重要な役割を演じている学者がいる。論壇で注目される若手の財政学者・井手英策慶応大学教授である。3月12日、都内で開かれた民進党大会に招かれ、来賓として行った演説が「心揺さぶられるスピーチ」とネットで評判になった。(後略)」井出氏は、財政学者(=緊縮主義者)として著名な神野直彦東大名誉教授の弟子であり、「高橋財政の研究、昭和恐慌からの脱出と財政再建への苦闘」、「経...

ご支援くださる方はクリック→