金融緩和一本足打法の徒花

『アパートローン「プチバブル?」マイナス金利追い風で急増増える空室…日銀など対策へ』(産経新聞4/3)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170403-00000047-san-bus_all「金融機関が貸家業向けに個人に融資するアパートローンが過熱気味で、「プチバブル」の様相を呈している。相続税対策とマイナス金利が背景にある。ただ、物件の供給が過剰になって空室が増え、賃料が下がる地域も出始めた。返済が滞ればローンは不良債権になりかねないことから、金融庁と日銀は対応に乗り出した。(中略)投資用物件の増加を後押ししているのがアパートローンだ。日銀によると、平成28年12月末の国内銀行のアパートローン残高は前年比4・9%増の22兆1668億円に拡大している。27年の税制改正で、相続税の基礎控除額が引き下げられ、課税対象者が広がった。アパートを建てれば更地な...

ご支援くださる方はクリック→