”『齊藤誠のおかしな金融理解』”

『進撃の庶民』ブログからのリブログです。(寄稿元は望月夜様)

日本でおそらく最も権威ある経済学者の一人として知られる齊藤誠が、「なぜ、無制限の金融緩和が私たちの経済社会にとって有害なのか?」というペーパーを上げている。
齊藤は金融経済学の一人者を自認しているが、にも拘わらず、このペーパーには極めて多くの誤謬、乃至誤解を呼ぶ不適切表現が含まれている。
これを逐一指摘することによって、経済学界隈の金融理解の問題を詳らかにしていくこととする。
日銀にせよ、民間銀行にせよ、預金は調達されるものではなく、基本的には創造されるものである。
民間銀行に限れば、原初では何らかの純資産の保有(管理通貨制度であれば中央銀行通貨であり、それ以外であれば貴金属など)からスタートするのだが、そうだとしても、存在する預金の大部分は創造物になる。
日銀に至っては、特に管理通貨制度の場合は、財政赤字(国債...

ご支援くださる方はクリック→