フランス大統領選はルペンだけじゃない、マクロン候補

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ4月23日と5月7日の投票フランス大統領線がいよいよ佳境に入っているようです。フランス大統領選で旋風を巻き起こしているのは国民戦線のルペン候補であり、彼だけが日本では注目されがちです。メディアでは極右と紹介され、まるで移民排斥を訴えているかのように言われますが、実際は移民の制限を訴えているだけのようです。これに対してマクロン候補は立候補以来「右でも左でもない」と訴えているのだそうです。 ん?おかしいな。フランス革命以降の議会で保守陣営が右側、革新陣営が左側に座っていたから「右翼」「左翼」という言葉ができたフランスで「右でも左でもない」とは結構衝撃的です。しかもルペンが支持率3割で1位を行く中で、マクロンは2位なのだそうで「フランスにおける地殻変動」なのかもしれま...

ご支援くださる方はクリック→