朝鮮半島情勢と地政学と国際政治

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ3種類の解釈の仕方国際政治学では国際社会を3種類のイメージで捉えます。これらをさっと説明したところで、朝鮮半島情勢の解釈を巡って「違いが生じるのか?」について考察してみたいと思います。そしてこの解釈の違いについては、三橋氏と私が対比的ですので良い例になるかと思います。(あくまで分析の土台理論の違いであり、批判する意図はまったくないのです) まず国際関係などを分析にする時に使われる手法ですが、以下のようなイメージがあります。第一イメージ:個人を中心に解釈するもの。例えばこの場合は金正恩や習近平などの性格や経験や性質等々。 第二イメージ:組織を中心に据えたもの。北朝鮮と中国でいえば軍区や中国の政治体制、もしくは北朝鮮に対する中国の後ろ盾等々 第三イメージ:...

ご支援くださる方はクリック→