戦後日本55年の政策を経済学三大思想でスッキリ読み解く – ダイヤモンド・オンライン


戦後日本55年の政策を経済学三大思想でスッキリ読み解く >>記事全文
ダイヤモンド・オンライン
サッチャーは80年代に入ると民営化路線を敷き、新古典派の右派であるミルトン・フリードマンのマネタリズム(貨幣量重視)を採用する。つまり自由化政策だ。 これ以降、新古典派の右派にリンクする政治思想は新自由主義と呼ばれるようになり、各国に広まる。例えば米国の ...

ご支援くださる方はクリック→