口先だけの官僚なら要らない

「赤字バス路線補助削減へ国交省経費の40%上限に」(北海道新聞04/08)http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0387502.html「全国の赤字バス路線への補助金をめぐり、国土交通省は、運行経費の45%までとしている上限を40%に引き下げる方針を固めた。2018年度分(今年10月~来年9月の運行が対象)から実施する方向で、すでに業界団体に説明を始めた。利用促進に取り組んだ事業者を支援する仕組みも盛り込み、補助金依存からの脱却を促す狙いだが、補助の割合が大きい道内事業者にとって、打撃は必至だ。補助金は、「地域間幹線系統確保維持費」と呼ばれ、複数の市町村にまたがる地域の生活路線などの赤字を国と道が2分の1ずつ負担する国の制度。上限引き下げで補助金は最大1割余り減る。その分、事業者や市町村の負担が増える。利用促進に取り組み、...

ご支援くださる方はクリック→