緊迫する北朝鮮情勢を読み解く3つのヒント

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ米中の首脳会談は何だったのか?緊迫する北朝鮮情勢ですが、いくつかのニュースやヒントをもとに読み解いていきましょう。一つだけ言えるのは「リスクはかつて無く高まっているのは事実である」ということ、そしてそのリスクは2つあるということ。1つは当然ながら「朝鮮半島有事というリスク」、もう1つは「アメリカの衰退によって、東アジア地域の覇権が将来的に変遷するリスク」です。 さて、米中首脳会談中にアメリカはシリア政府の空軍基地に59発のトマホークを撃ち込みました。59という数字には大した意味はなく、60発発射したうちの1発が不発弾だったそうです。米中首脳会談中にこの攻撃が行われたことについて「中国に対するプレッシャー」「横っ面をビンタしたようなもの」「中国の面子を潰した」とする論評が多...

ご支援くださる方はクリック→