熊本地震1年 善意の有効な使い方とは

『NHK総合【ニュースチェック11】http://e.jcc.jp/news/12119616/

<青井実のちょっと>熊本のアンテナショップに

熊本地震からあすで1年。
東京・銀座にある熊本のアンテナショップで復興フェアが行われ、熊本を支援したいという人でにぎわっている。
熊本のコメ、「熊本城復興祈念カレー」、西原村と益城町のイモを使った焼酎などが並んでいる。
「益城復興サイダー」の売り上げの一部は子どもたちの給食費として益城町に寄付される。
熊本地震で益城町学校給食センターは水道が使えなくなり、調理器具の配管も外れるなど被害を受けて今も使われておらず、給食は民間業者に弁当などを手配している。』引用終わり


今日で熊本地震から1年になりますが、まだまだ復興は進んでいません。そんな中、上記のような復興支援に取り組まれている方々や、商品を買った皆さんの善意には敬意を...

ご支援くださる方はクリック→