不利な日米貿易協定に備えよ!

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ北朝鮮情勢で誰がどう得をするか?この記事の公開時点は4月14日ですので、まだ北朝鮮情勢は流動的でありどうなるかわかりませんが、一連の動きから「誰がどう得をしたのか?」と考えてみた上で、アメリカのこの次の狙いは何か?についても考察していきたいと思います。 まず主要国はアメリカ、中国、北朝鮮、日本、韓国ですがまずは韓国について考えてみましょう。韓国は現在大統領選の真っ最中で、選挙管理内閣状態であり影は薄いです。一つだけ言えることは韓国民に「北朝鮮ヤバイ、戦争あるかもしれない」と思わせた点でしょう。こうなると親米(現実路線)の大統領の誕生、アメリカとの関係強化という道を韓国は進まざるを得ません。そして実際に4月12日時点での世論調査では安候補が有利なようです。文在寅氏の独走態勢...

ご支援くださる方はクリック→