政策の評価は目的によって違う

今日はこんなコラムです。 人生格差を拡大しかねない教育無償化ブームの本末転倒 最近話題になっている「こども保険」や「教育国債」についての批判です。 財源が問題になるなか、「保険」としてお金を集めるのか、「国債」として集めるのか、あるいは「税」として集めるのか、といった議論が多かったのですが、今日紹介するコラムは珍しく「使い道」に対する批判です。 乱暴にまとめてみると、・「誰もが希望すれば高校にも専修学校、大学にも進学できる環境を整えなければならない」という主将の方針は正しい。・小池都知事が打ち出した東京都の私立高校授業料の無償化は、無償化される世帯年収の上限が高すぎて、教育格差を助長しかねない。・「こども保険」は裕福な家庭の子供にも至急されるので、「保険」とはいえない。・「こども保険」は幼児教育・保育にフォーカスしすぎ。幼児教育や高等教育など教育の...

ご支援くださる方はクリック→