①マクロ計量モデルの信用は地に落ちた

①マクロ計量モデルの信用は地に落ちた  内閣府でマクロ計量モデルが作られ、政府答弁などで、マクロ計量モデルによるシミュレーションが、消費税を増税しても経済に悪い影響は無いとか、公共投資の景気回復効果は低いとかの根拠とされています。特に、マクロ計量モデルは無知な国会議員に対する煙幕として使われています。現場を見たわけではありませんが、官僚から内閣府の短期日本マクロ計量モデルではこうなっていますとか言われると、無知な国会議員は「よく解らないんですが、へへへっ」とか言って、事実上退却してしまうのです。つまり、「マクロ計量モデル」は、内閣府や財務省にとって害虫(緊縮財政に反対する国民)撃退用殺虫剤という武器になっていたのだろうということです。だから、私たち害虫(緊縮財政に反対する国民)としては、「内閣府マクロ計量モデル」を論破しなければ、内閣府や財務省に文句を言えないというこ...

ご支援くださる方はクリック→