移民しかないのか

今日はこんなコラムです。 人口減少の裏で外国人労働者が急増中…「なし崩し」がはらむリスク建前論はもう限界だ 少子化が進む一方、労働者不足が進んでいます。対策として外国人が雇用されるようになっています。しかしながら日本では移民政策は採用していません。コラムの著者は、外国人受け入れ政策を策定するよう提言しています。 しかし、移民受け入れによって社会が混乱することは他国の動向を見れば明らかです。 良くも悪くも、日本は「移民を受け入れない」という選択をしたのだと私は考えています。 ならば、この労働者不足をどう凌ぐのかを考えることが政治家の仕事です。 長期的には少子化対策が必要です。人口を増やす、とまではいかなくても、あるレベル(例えば8000万人)で維持できるだけの出生率を達成することが必要です。 が、少子化対策に成功したとして...

ご支援くださる方はクリック→