ICタグによる省力化を活かせる経済環境を

『全コンビニに無人レジ大手5社流通業を効率化ICタグ一斉導入』(日経新聞4/18)http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15427060Y7A410C1MM8000/「セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入する。カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグを使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する。深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上につなげる。経済産業省と共同で発表する「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」に、25年までにセブンイレブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ、ニューデイズで取り扱う全ての商品(計1000億個)にICタグを貼り付けると明記する。コンビニで買い物をする消費者は商品をカゴや袋に入れたまま専用機械を...

ご支援くださる方はクリック→