共謀罪に反対するなら移民受け入れにも反対せよ

現在、国会ではテロ等準備罪(共謀罪)を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐって与野党の攻防が続いています。私はこうした法整備に対して絶対反対ではないですが、冤罪や乱用の危険性も全くないとは言い切れない以上、慎重な議論が必要だと思います。


政府は、特殊詐欺や違法薬物、暴力団などの組織犯罪の取り締まりやテロ対策のためにこの法案が必要だと説明していますが、これについても議論の余地があると思います。


特殊詐欺については、警告メッセージや自動録音・着信拒否など詐欺電話対策機能を備えた電話機や後付け機器の普及、金融機関や宅配業者による水際対策の強化、薬物犯罪については、依存者の治療プログラムの充実、教育などによる薬物乱用の未然防止、密売や製造に対する厳罰化、暴力団対策については、脱会支援や加入未然防止の強化など「共謀罪」の他にもやるべき対策はたくさんあります。何が最も効果的か、何を...

ご支援くださる方はクリック→