共有地の悲劇

今日はこんなコラムです。 少子化は”共有地の悲劇”か?---荘司雅彦 昨日は「右寄り」の話を書いていくつか(どちらかといえば批判的な)コメントをいただきました。 私自身は「右」にこだわらず、少子化が解決すれば「右」でも「左」でもどちらでもいいと考えています。が、少なくとも「左」一辺倒で少子化は解決しないと感じています。 今日のコラムでは共有地の悲劇の話が紹介されています。以下抜粋します。 共有地の悲劇(コモンズの悲劇)という経済用語があります。

「共有地(コモンズ)である牧草地に複数の農民が牛を放牧しているとします。それぞれの農民は利益の最大化を求めてより多くの牛を放牧しようとします。

その結果牛の数が増えすぎで、餌となる牧草がなくなってしまいます。
牧草地がなくなれば牛も死んでしまうので、結果としてすべての農民が被害を受ける...

ご支援くださる方はクリック→