”困ったことに教師の仕事の全貌が世間にあまりにも理解されてないです”

日本国債は100%自国通貨建てで、日銀が通貨を発行し国債を買い入れることで政府の負債を実質的に無くせる。現に、日銀の金融緩和政策により政府の負債は減り続けている。


日本は対外負債より対外資産が多い経常収支黒字国である。


日本国債は低金利が続いており、これは市場から安全だと判断されていることを意味する。


以上の事実から、財務省の「代弁者」としてメディアが宣伝する財政危機論は完全な虚偽であり、教員の人員削減等の緊縮財政の必要性は全く無いのです。


間もなく発売の京都大学大学院教授の藤井聡氏の著作「プライマリーバランス亡国論」を多くの皆さんに読んでいただき、真実を知ってほしいです。


言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援目的のサイト


・【新世紀のビッグブラザーへ~三橋貴明様】
政...

ご支援くださる方はクリック→