①「貯蓄=投資」と消費性向・貯蓄性向・乗数効果

①「貯蓄=投資」と消費性向・貯蓄性向・乗数効果 古典派経済学の貯蓄と投資の不均衡分析は、投資家に自由に投資を行わせ、投資家が利益を上げればどんな良いことが起こるかという説明をしています。他方、貧しい者の資本の調達先である金融機関の信用創造を、資本家の純真な投資活動に対して、景気を過熱させたり冷え込ませたりするノイズに過ぎないものとして否定的に捉えています。そのため、信用創造を抑制したほうが、景気が加熱したり、その反動で深刻な不況に陥ったりすることなく、経済は順調に成長するという理論になります。古典派経済学では、貯蓄と投資は異なるもので、投資を行わずに貯蓄を増大すれば、景気は後退し不況になるが、不況がある程度続くと投資家の投資が行われなくなり、それによって、投資の競争相手が減ることから、投資家は再び投資を行うようになる、そして、物価が上がり投資ブームになり景気が上がって行く、しかし...

ご支援くださる方はクリック→