奨学金の返済苦から「結婚・出産・子育て」を諦める若者が急増中 – 現代ビジネス


奨学金の返済苦から「結婚・出産・子育て」を諦める若者が急増中 >>記事全文
現代ビジネス
バブル経済崩壊後の経済状況の悪化、新自由主義グローバリゼーションの進行は日本型雇用を解体し、非正規雇用の増加と正規雇用労働者の待遇悪化という事態をもたらした。全世帯の平均所得は、1996年の661万円から2014年には545万8000円に減少している(厚労省「国民生活基礎調査」)。 「子どもが成長 ...

ご支援くださる方はクリック→