抽象的な財政議論を排せよ

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『人口と経済①』三橋貴明AJER2018.3.27https://youtu.be/fMtW3R0otL4◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆IMF(国際通貨基金)は、中央銀行が保有する「自国通貨建て国債」について、デフォルト(債務不履行)の可能性を「ゼロ」と定義しています。それはまあ、中央銀行が中央政府に逆らい、「金返せ!」などとやることはあり得ませんので、デフォルトの確率はゼロに決まっています。ということで、本来、「国の借金で破綻する!」などなどと騒ぐのであれば、中央銀行が保有する国債分は「除く」必要があります。日本でいえば、日本銀行が保有する国債を「国の借金!」に含めてはならないのです。もちろん、日本銀行が保...

ご支援くださる方はクリック→