コップの中の嵐-政治闘争的議論の落とし穴

 >>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のP.Sへ安倍政権と野党本日は手短に、政治闘争的な議論(論争)について少々。安倍政権があまりよろしくない、というのが私の認識です。いや、悪いと表現したほうが良いかもしれません。しかしここではそれを論じるのは趣旨ではありません。一方で野党がどうか?と言われると、世間の評価を見ても、そして私の見解でも「不甲斐ない」だとか「建設的ではない」というふうに思えます。 なぜか?批判のために批判している、と見えてしまうからです。政治闘争的批判と表現しても良い気がします。もっともこれは、野党だけの話ではありませんけれども。 コップの中の嵐、という言葉があります。ウェブの国語辞典から引用すると、こういう意味だそうです。《W=B=バーナードの劇の題名StorminaTeacupから...

ご支援くださる方はクリック→