貨幣はゴールドを必要としない

『なぜ1万円札は「原価24円」なのにモノが買えるか説明できますか?』(3/15現代ジャーナル佐藤優/作家)http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54721「資本主義社会では、誰もが無意識に信じている拝金教という宗教がある。資本主義社会では、生活に必要な財やサービスを商品として購入しなくてはならないからだ。(略)冷静に考えてみよう。1万円札を刷るのにかかる費用は、年によって若干異なるが、22~24円であるという。原価が22~24円しかかかっていない1枚の札で、1万円分の商品やサービスを購入することができる背景には、貨幣に対する信用があるからだ。これを貨幣教と言い換えることもできると思う。(略)世界貨幣は、必ず金に収斂するというのが、経験的事実だ。(略)ちなみに19世紀後半に、貨幣は金に収斂した。その後、金と紙幣の交換が停止され、管理通貨制度が導入されたが、そ...

ご支援くださる方はクリック→