人を卑しむ者に災いあれ!

本日は、ソウルメイト様の寄稿コラムです!本日は人権と労働について、非常に内容の濃いコラムを頂いております。イギリスの貧困層の扱いは酷いのだそうで、「何でもかんでも自己責任!」と稼げない労働者を、貶めてもOKなんだそうです。果たしてイギリスは凋落した、というわけで、それを後追いするとどうなるか?人権と労働の考察をぜひとも全文どうぞ!現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!人を卑しむ者に災いあれ!~ソウルメイト様わたしは以前「職業に貴賤(きせん=)はあるのか?」と題するブログを書きました。上記のブログでうずらさんやsecretary-of-japanさんのご考察を引用させていただきましたが、このお二人に共通するのは、人の働き、つまり労働というもの...

ご支援くださる方はクリック→