<メディア時評・放送制度見直し>問われる自由、公共性 テレビ直接規制の懸念 – 琉球新報


<メディア時評・放送制度見直し>問われる自由、公共性 テレビ直接規制の懸念 >>記事全文
琉球新報
さらにいえば、規制撤廃=自由拡大という新自由主義的発想は、こうした文化の破壊をもたらすもので、しかも一度壊れた文化は元に戻せない。とりわけ分断化が大きな課題となっているいま、社会共通の言論公共空間が必要で、その中心的な担い手が民放を含む広義の公共放送であろう。しかも放送の自由の構成 ...

ご支援くださる方はクリック→