女子高生の妊娠

今日はこんな記事です。 女子高生の妊娠が生む貧困、学校は自主退学を止めるべき 3月30日、文部科学省はこれまでにない実態調査を発表した。女子高校生の妊娠についての『妊娠した高校生の在籍状況2015~2016年度』調査を公表したのだ。全国の公立高校(3571校)が把握している妊娠は2098件。うち3割(674件)が自主退学していた。しかも自主退学の中には学校の勧めによるものが32件あったという。 妊娠した女子高生の在籍状況は、「産前産後を除き通学継続」したのは、37.1%。「本人・保護者の意思で自主退学」が、30.6%。「妊娠・育児を含めた休学」は、9.0%。「転学」が8.5%。そして、「学校の勧めによる自主退学」が、1.5%いた。 記事の主張は、タイトルにある通り、妊娠した女子高生の自主退学を止めるべき、というものです。退学した学生の学歴は中卒とな...

ご支援くださる方はクリック→