在宅育児給付金

今日はこんな記事です。 10市町村が上乗せ方針和歌山県の在宅育児給付金 和歌山県は「待ったなしの少子化対策」として、在宅で第2子以降の0歳児を育てている専業主婦(主夫)世帯への経済的支援制度をスタートさせ、市町村にも県と同額の支援を上乗せするよう求めている。だが、県の聞き取り調査では、給付金を「上乗せする」と回答した市町村は25日現在で10自治体。新宮・東牟婁では手厚い状態となっているが、田辺・西牟婁ではゼロだった。 0歳児を在宅で育てている家庭への経済的支援は、県が創設。自ら実施主体となり、子どもが生後2カ月を超えてから1歳になるまでの10カ月間、毎月1万5千円ずつ、年間15万円を給付する。夫か妻のどちらかが就労している専業主婦(主夫)の家庭が対象で、自営業で家業の手伝いをしている家庭も含む。第3子以降は所得制限なしですべての世帯、第2子は年収約360万円未...

ご支援くださる方はクリック→