悪い意味でシビリアンコントロールは機能している

  自衛隊のイラクと南スーダンの日報隠ぺい問題で、シビリアンコントロールが機能してないのではないかという批判をメディアや野党はしていますが、この問題は悪い意味でシビリアンコントロールが機能したものだといえるのではないかと私は考えています。  良いシビリアンコントロールとは、政治家(文民)が国の独立を保ち、国民の利益を最大化する方向に軍事組織を統制することで、悪いシビリアンコントロールとは、逆に国の独立を危うくし、国民の利益を損ねるような方向に機能してしまうということです。

  そもそも、防衛機密に抵触する部分は別として、海外派遣時の日報が明らかになることは自衛隊員にとって何も損はなく、むしろ現場で起こっていることを多くの国民に知ってほしいはずです。国民は現地の実情を十分に知り、そのうえで、同胞である自衛隊員を派遣する必要が本...

ご支援くださる方はクリック→