幼保一元化から日本の政治構造まで

今日はこんなコラムです。

「保育園落ちた」の打開策“幼保一元化”はなぜ進まないか

保育園が足りなくて困っている親が多い一方、幼稚園は余っています。このブログでも以前取りあげました。

幼稚園の問題
幼稚園は余っている

今日ご紹介するコラムでは、なぜ幼稚園が余っているのかについて根本的が考察がされています。このブログでもいろいろ書いてきたことですが、よくまとまっていますので改めてご紹介したいと思います。

乱暴に要約すると、

・幼稚園のニーズが低いのは、幼稚園の教育時間が法律によって4時間と規定されているため
・ただし、預かり保育を行う幼稚園のニーズは高い
・解決策である「認定子ども園」への移行は進んでいない
・「幼保一元化」が進まないのは、幼稚園を管轄する文科省と保育園を管轄する厚労省の「縦割り行政」の調整ができないため
・橋本龍太郎政権の省庁再...

ご支援くださる方はクリック→