乙武洋匡氏へのアドバイス

自民党が「五体不満足」の著者で作家の乙武洋匡氏の参院選への擁立見送りを決めたそうです。私は、政治家は不倫などの政治と無関係の個人的なスキャンダルがあったとしても、それは家庭内で解決すればよく、国民の利益になる政策をやってくれればそれでよいという考えなので残念にも感じますが、乙武氏の出馬が自民党への追い風となり、TPP、消費税増税、緊縮財政、移民受け入れ、労働規制緩和、国家戦略特区、農協改革などの国民の貧困化につながる悪政の推進に加担する結果には絶対になってほしくなかったので、結果的には良かったと思います。


乙武氏にはこれで諦めることなく、当事者視点でのバリアフリー政策や、教育者としての経験を生かした教育政策の実現のために、自民党の候補者ではないかたちで政界進出してほしいと思います。そこで、そのためにいくつかアドバイスをさせていただきたいと思います。


世の中には私のような...

ご支援くださる方はクリック→