「待機児童」? 子どもは保育所入所を待ってない!

待機児童問題がネット上等で相変わらず喧しいのですが、「待機児童」という言葉自体がおかしいと思いませんか。

知人の指摘により気づいたのですが、そもそも児童は待機していません。待機しているのは、保育所への子どもの入所が叶わなかった親等です。

「児童」が含まれる熟語を思いつくまま列挙しました。

「児童文学」、「児童館」、「児童憲章」、「児童学級」、「児童手当」、「児童音楽」、「欠食児童」、「学齢児童」、そして「待機児童」

「児童手当」と「待機児童」以外は、すべて児童が主体あるいは客体となっています。「児童手当」についても、親等に支給されるとは言え、基本は児童のために資するものです。

「待機児童」だけは、どう考えても日本語としておかしい。
待機児童者数として表されるのは、児童の数ではありますが、意味するものは、自分の子どもの保育所入所を待っている親等のことです。子...

ご支援くださる方はクリック→