財源と日本人どっちが大事?

マイナス金利に突入してはや2ヶ月。日本には財政問題など存在しないと、マイナス金利が教えてくれたにも関わらず、未だに「ザイゲンガー」というお馬鹿な議論が所々で聞かれるようです。


1)マイナス金利とは何だったのか?
簡単に言ってしまうと、日本に出回るお金の量が少ないので日銀が「もっと貸し出せ!」と言っているわけです。
じゃぁなぜお金の量が少ないのか?需要と投資が少ないから以外の何物でもありません。
なのでお金をいくら刷っても、市場には出回りませんし消費と投資にも使われません。
問題はお金の量ではなく、誰かが投資や消費を率先してやることなのです。

2)では誰が投資や消費を率先するのか?
長く続いたデフレと不景気で企業も個人も今や「生き残るのに必死」な状況です。
生き残るためには貯金し、金を蓄えるというのはミクロで見た場合には当然の行動ですが、これがマクロ経済の足かせ...

ご支援くださる方はクリック→